成長の早い人

photo-1427348693976-99e4aca06bb9

雲海いいですね、自分は去年まで北海道に住んでいましたが、結局トマムの雲海テラスには一度も行けなかったです。

一回は行ってみたいな(^^)。

 

まずは、一日一回ぽちっとお願いします。

押して頂けるとランキングが上がるので、ブログ書く元気がもらえます。


せどり ブログランキングへ

さて、今回のテーマは長の早い人”というテーマについて話していきます。

人は成長の早い人と遅い人がいます。

こと商売においてはこれは顕著に数字になって表れてきます。

同じことを教わってもなんでこのように差が出るんでしょうか?

それは成長する人は「思考法」が違うからだと思っています。

 

今回はその思考法について迫っていきます。

 

① 覚悟

私はこのアマゾン物販をする上で、初めに決めていたことがあります。

それは”6か月必死になってやってみて、利益で30万超えなかったらアマゾン物販をやめる”という覚悟です。

自分には商売の才能がないからサラリーマンをもう一度やろう。

そのように強い覚悟で始めました。

初めからそのような強い覚悟で稼ぐ気満々だったので、商売を始めた7月1日に税務署へ個人事業主の申請をし、

また、中古を扱う予定だったので、古物商も印紙代19000円を支払い即取得しました。

アマゾンとの契約は当然初めから大口契約です。

初めから自分に逃げ場を与えないことです。

 

”あなたに「覚悟」はありますか?”

 

② 人のせいにしないこと

これはアマゾン物販でもなんでもそうですが、脱サラをして

個人事業主として始めるということは、

自分が経営者になるということを意味しています。

つまり、中小企業の社長と同じということです。

社長は失敗したときに人のせいにできるでしょうか?

できませんよね?

アマゾン物販では赤字で売らなくてはならない時も多々出てきます。

その時に、あの人が勧めてくれた商品を買ったのに赤字になったからあの人が悪い。

初期のころはそう思いがちですが、商売を始める以上全責任は自分にあります。

決して人のせいにしないこと。

”人のせいにしている人は100%成功できません。なぜならあなたは経営者だからです”

 

③ 数字に強くなる

アマゾン物販ビジネスは仕入から価格調整に至るまで全て自分でしなければいけないビジネスです。

毎回赤字で売っていては商売になりません。

”損益分岐点の金額を抑えて適正価格で販売すること”

これが重要になってくるのです。

月の売上から粗利益、在庫の金額がいくらあるかなど、抑えておくべき点は多々あります。

慣れないと数字を覚えることは辛いし疲れますが、慣れればなんてことはありません。

逆におもしろいと思えるようになってきます。

 

④ リスクを恐れないこと

これは特に始めて1~2か月くらいで一番重要な考えかと思います。

初めは利益率度外視でバンバン売って行くこと。これが成長への近道であると思います。

初めのうちは利益率の高い商品を居つけることは非常に困難です。

利益5%でも10%でもいいので、販売する経験を積んでください。

最悪プラスマイナスゼロのトントンで売れればいい。赤字になったとしても多少の赤字は気にしない。

こういう思考を持つと楽になりますね。

トントンでもその分経験が積めればもうけものですから。

脱サラした人はなおさらです。

清水の舞台を飛び下りるつもりで脱サラしたんですから、

多少のリスクは覚悟の上ですよね?

 

⑤ 考えるクセをつけること

成長する上で、考えることは非常に大事なことです。

ネットショップ専門電脳せどりを開始したのは8月で、

当初は赤字で販売することも多々あり、嫌になったこともありました。

そんなときも、

1. 失敗した際に同じ失敗を繰り返さないためにはどうしたらいいのか?

2. 人と同じことをやっていても儲からないので、どうしたら人と違うことができるだろうか?

3. どうしたら短時間で仕入れることができるだろうか?

そこを考えるようにするんです。

実際今ではせどりに使う時間は非常に短いですが、

一日中ありとあらゆること考えてます(^^)

昼は週6でバッティングセンターに行くんですが、

その時でも考えてます。

無意識のうちに考えてしまうんですね。

考える ⇒ 実践 ⇒ 考える ⇒ 実践

これを繰り返すことで、自分なりの成功マインドを身に付けて下さい。

 

はい。今回のテーマは以上です。さようなら!

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)