赤字損切りのタイミング

togakushi2

こんにちわ!きーすけです。

上の画像は、戸隠の奥社までの道です。前もここの写真使ったかな。まあいいや。

今 パワースポットで全国各地からお客さんが押し寄せてます。

土日はすごいことになってますよ。

 

最近はブログを毎日書くようにしました。

実際ブログを書くというのは1つの記事を書くのに、2~3時間くらい(一番かかるので4時間くらい)かかるので、

結構大変なんですが、

それくらい時間が取れるようになってきたということです。

 

 

さて、今日も頑張って発信していきますので、ぽちっとよろしくお願いします。


せどり ブログランキングへ

 

今日のテーマは、

赤字損切りのタイミング”

にしました。

 

物販をする上で避けては通れないのが、損切りです。

当然、赤字では売りたくないと思うのが、普通だと思いますが、

やはり身を切る思いで赤字で売らなければらない時も必ずあります。

この損切のタイミングについて書いていきます。

 

この損切のタイミングにおいて、最終的な判断要素は、

”資金効率を一番に考えるとどうか”

ってことです。

順序立てて話していきますね。

 

1.供給先に在庫はあるのか?

まず、一番重要なことです。

赤字の価格まで下がった時に、

 

① 仕入れ先のネットショップには、仕入値と同じ価格で今も在庫を持っているか?

② 在庫を持っていた場合、いくつ持っているか?

 

この二つを押さえましょう。

まだ仕入値と同じ価格で何百個も在庫を持っていたら、価格が上がる見込みは薄いかもしれません。

ま、それもこれも需要との兼ね合いが重要ですが。

次行きます。

 

2.アマゾン最安値FBA出品者の全員の在庫量を把握する

アマゾンに今いくつ在庫があるのか?

これを把握することは非常に重要です。

ただ、出品者にも二通りいます。

 

① 最安値に合わせて常に価格を下げてくる出品者

② 価格競争をしないで、後方で構えている出品者

 

②の価格競争をせず、後方で構えている出品者に関しては、

特に気にする必要はありません。

一番重要なのは、

①の最安値FBA出品者の人数と持っている在庫量です。

まず、人数です。

人数が多ければ多いほど、自分がカートを取れる可能性は少なくなります。

5人を超えてくると、ランキングにもよりますが、

ほとんどカートを取れなくなってきます。

 

3.月にいくつ売れる商品なのか?

商品の需要ですね。

月に10個売れている商品なのか、20個売れている商品なのか。

これをある程度明確な数字で把握することです。

ランキングが5000位を上回ってくると

一日5個とか10個とかも売れる商品も多いので、なかなか正確に把握することは難しいですが、

損切りを検討する商品は、そもそもランキングが低い商品が多いと思うので、

だいたいモノレートを見ればわかるかと思います。

ただ、ここで重要なのは、価格によって需要も変化するということを考えておきましょう!

 

以上の3つを勘案して、

 

黒字ラインまで価格が上がるのはいつ頃になるのか予測しましょう。

 

そして

半年~1年以上先になりそうだと判断したら、積極的に損切りも検討しましょう。

 

損切りは、短期的には赤字になるかもしれませんが、

そのお金を他の儲かる商品の仕入れに使うことを考えると、

決して悪い選択肢ではありません。

株式投資やFXの世界では、損切りできない人は生き残れません。

 

しかし、損切りするということはその仕入れが失敗だったことを意味します。

なぜ、失敗したのか?

これを損切りする度に考えるようにしてください。

初めのうちは失敗が当たり前のようにあるかもしれませんが、

どんな失敗にも理由があります。

次から同じ失敗をしないようにするにはどういう仕入れをしたらいいのか?

これは毎回考えるようにして下さいね!

 

それと、損切した商品は、損切りした後、

1か月後や3か月後の価格の推移をモノレートで必ずチェックするようにして下さい。

自分の損切りのタイミングが正しかったかどうか

これをチェックするためです。

実践と復習で強くなるんです。

商売は体で覚えるものです。

当然初めから何でもこなせる人はいませんからね。

 

それでは今日はこれまでにします。

3月は決算セールで、企業はどんどん在庫を放出し始めていますね。

商社仕入でも普段とは違ってかなり仕入れ値が安くなっています。

どんどん仕入れしていきましょうね!!

ではでは。

 

 

尚、メール相談はどんな質問でも気軽にメール下さい。

100%返します。

 

LINE@登録されていない方は登録しておいて下さい。

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になっていますので、安心して下さい(^^)

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)