ネットショップ仕入れで利益率20%越えるための5つの方法

goryoukaku

こんにちわ!きーすけです。

上は北海道函館市の五稜郭の桜です。行ったことないですけどきれいですね。

 

昨日は出品作業に追われてブログ書けなかったです。

今日は不思議と朝5時に目がさめたので、朝から検索しておりました。

大手ショップを1時間半くらい検索しましたが、

1個も仕入れできず(笑)。

思うんだけど3月の割りに出物少なくない(・・?(笑)

 

1日1クリック、募金お願いします(_ _)。


せどり ブログランキングへ

 

さて、今日のテーマは

”ネットショップ仕入れで利益率20%越えるための5つの方法”

にしました。

 

新品で特に大手ネットショップだとなかなか到達できないこの数字。

昨日も読者さんからメールを頂きましたが、

ネットショップ電脳せどりでこの利益率を達成できている人はかなり少ないと思います。

私も今月は15%くらいまで利益率下がると思います。

30%くらい利益率のある小物商品が、価格下落しているからです。

小物もいいですが、100円価格下がっただけで

利益率が大幅に下がるのはなんなの?(笑)

 

まあ 私の話は置いといて、

慣れてきたら月商はある程度到達できるけど、

利益率は良くても10%~15%の人が多いのではないでしょうか?

この電脳せどりで利益率20%を超えるための方法

知りたくないですか?

 

 

多分これしか方法ないと思います。

電脳せどらーで利益率20%を維持している人は、

次からいうつの方法のうちどれかだと思います!

それぞれにメリットデメリット書いておきますので、

参考にしてみて下さいね。

これ以外に方法あるよって方はメール下さい。

参考にします。

 

1.価格が上がるまで待つ

これは一番多いパターンだと思います。

徳川家康タイプですね(笑)。上がるまで待とう。って感じです。

大手ショップの場合は出品人数が一気に増えますよね?

仕入れた時は、利益率20%あったとしても

実際に出品したら、価格はどんどん下がっていき、

気づけば利益5%くらい。よくある話です。

ここで価格競争をしない出品者ですね。

私もこういう商品は今でも多いです。

一応メリットデメリット書いておきます。

 

メリット

① 価格改定せずに放っておくだけでいい。

② あまり競争の激しくないサイトなら価格が上がるまでそこまで時間はかからない。

 

デメリット

① 大手サイトの場合、価格が上がるまで何か月も時間を要する場合がある。

② 商品の回転が落ちるため、資金繰りが悪化する。

 

こんなところでしょうか?

私は今でもこういう商品は多いですが、

大手ショップからの仕入れではあまりしないようにしています。

やはり、仕入れてできるだけ早く売らないと

次の仕入れに回せませんからね。

良く考えて下さい。

 

支払いはクレジットカードを使っても、最大2か月近く先までしか先延ばしにできません。

 

つまり、

2か月以上売れ残るということは、資金繰りが悪化するということなんですね。

 

資金繰りが悪化するとどうなるかというと、次の仕入ができなくなります。

なので、諸刃の刃と言えると思います。

いい面もあるが、悪い面もある方法です。

競争率の少ないサイトからの仕入に限定して使うのはいいかもしれませんね。

 

 

2.セール等数量限定品を奪い合う

これも多くのせどらーがやっていることです。

週末限定セールや、○時スタートの限定セールなど。

私もせどり開始して初めの方は、

もうこればっかでした。

これなら、数量限定なので買ってしまえば

そこまで出品者数が増えることもありません。

ただ、これもメリット・デメリットありますね(笑)

 

メリット

① 無事商品が買えれば、競合が増えずらい。

② サイト毎のクセを見抜けば、どの商品を検索すればいいか大体分かる。

 

デメリット

① セールが始まるときに、パソコンの前にいなければいけないため、副業せどらーは難しい。

② お1人様1個限りが多く、複数仕入れができにくいので効率悪い。

③ 万が一複数仕入れできたとしても販売先に目を付けられやすい。

④ 電脳せどらーが増えてきた昨今は、競争がどんどん増え、買える確率が下がっている。

 

こんな感じだと思います。

数量限定品を奪い合うのは、正直疲れます(笑)。

買えない確率もかなり高いですしね。

そもそも副業せどらーにはかなり厳しいですね。

 

 

3.アマゾン刈取り

これは言わずと知れた方法ですね。

アマゾン出品者の最安値層を買い占め、

高値で売りさばく。

これについては、当初は否定していました。

同じアマゾン内でくるくる回すの嫌だと思っていました。

しかし、最近は考え方が変わってきました。

 

”物には適正価格がある。最安値から買って適正価格で売る。”

 

今では別にいいことなんじゃないかと思っています(笑)。

今はまだやったことないですが、機会があればやるかもしれません。

 

メリット

● 最安値層を買い占め、最安値が切りあがるため、すぐ売れる。

 

デメリット

● 商品の見つけ方が分からない。

 

これもデメリットの方が少ないと思います。

商品の見つけ方ですが、

大手ショップから仕入れた物が、赤字ラインを超えて価格が下がることがありますね?

そういう場合に最安値層を刈り取ればいいんです。

その他出品者急増商品には、常に目を見張っていて下さい。

 

 

4.知らないネットショップから仕入れる

正直これはかなりハードですが、

このようなサイトを見つけられると大きいですね。

ほぼ販売を独占できるかもしれません。

減ってきたらまた注文して補充するだけ。

ちなみにこれらのショップの特徴は、

楽天市場やヤフーショッピングのモールには属していない単独サイトということです。

楽天市場内のショップの場合、

かなり無名のサイトでも、ほとんどせどらーが入っています。

ちなみに私のいうマニアックなネットショップとは、

”グーグル検索でしかヒットしない、ここで買って大丈夫?的な雰囲気を持つサイト”です(笑)。

クレジットカードにも対応しておらず、

支払いは銀行振込みになるケースが多いようです。

最近私も全く聞いたことない小さいメーカーの直販サイトを発見しました。

利益率が20%越えの商品も4つ発見。

当然支払いは銀行振込みです。

78,000円銀行振込で支払いました。

明日届く予定。

多分来ると思います(笑)。

 

メリット

● 見つけられれば、競争とはほぼ無縁になる。

 

デメリット

● そもそも見つけ方が分からない。

 

これに関しては、正直メリットしかないと思います。

見つけ方ですが、これはホント様々です。

偶然町で見かけたり、

ネットで小さいメーカーを調べまくったり。

要は片っ端から調べてみるということですね。

 

 

5.生産完了品を価格の上がるタイミングで買う

最近の記事で、何度か生産完了品について触れてますが、最近コレに力を入れてます。

これは、おそらく私が考えた方法だと思います、多分。

他の情報発信をほとんど見ないので詳しくは分かりませんが。

 

これに関しては申し訳ありませんが、詳細はブログでの公開は控えさせて頂きます(笑)

正直な話、今までの仕入方法の考え方自体を

考えさせられる方法です。

 

① 仕入時間が今までの何分の一にもなります。

 

 

② セールで限定品を買いあさる必要がなくなります。

③ 今後の仕入に不安がなくなります。

 

電脳せどりの仕入手法の根幹を変える力を秘めています。

これはもう少し自分で試してみて、

効率を追求して、結果が出次第、仕入合宿等を開きたいと思っています。

 

 

さて、以上です。

最近私は、④と⑤を攻略しています。

まだまだ、これからですが

資金繰り・時間に縛られないことを考えると

かなり有効なんじゃないかと思っています。

副業せどらーの方にも非常に有利な方法ですので、ぜひやってみて下さいね。

 

これから電脳せどりをもっと深く追及していきますよーー!

では今日はこの辺で。

 

 

尚、メール相談はどんな質問でも気軽にメール下さい。

100%返します。

 

LINE@登録されていない方は登録しておいて下さい。

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になっていますので、安心して下さい(^^)

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • こんばんは、あとむです。

    ランキングから参りました。

    背どりの方法はいろいろあり、イイ勉強になりました。

    長所・短所それぞれありますが、、
    それも見方でいか様にも変わるりますね。


    応援して帰ります。

    • あとむ さん

      ありがとうございます。

      ネットショップ電脳せどりは奥が深いですよー。
      深いので、おもしろいんですね。

      これからも応援よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)