日本政策金融公庫の創業融資に申し込もう!【詳細編】

suwakohanabi

おはようございます。きーすけです。

今日は諏訪湖の湖上花火大会の写真です。

土日は、千葉・埼玉にフルコンサルに行ってまいりました。

2人共やる気に満ちており、頑張る気満々な感じでした。

是非頑張って欲しいです。

 

尚、5月以降にまた複数仕入れセミナーを開こうと思っていましたが、

既存のコンサル生のフォローもあるため、しばらくやりません。

連絡頂いた方申し訳ありません。

ただし、1対1のフルコンサルは引き続き受け付けます。

 

では、今日もぽちっとお願いします。


せどり ブログランキングへ

 

 

さて、今日は融資の話いきますよー。

みなさん、せどりをしていて

”資金がもう少しあればな。”

って思ったことはありませんか?

そんな時は、是非日本政策金融公庫に申し込んでみようと強く言いたいです。

それはなぜかというと、

金利も低く、また創業者に優しいからです。

ちなみにですが、日本政策金融公庫からの借り入れであれば、

サラリーマンであっても融資を受けることは可能かと思います。

 

みなさん、金融機関から借り入れするって敷居が高いと思いますか?

意外にいけるもんですよ。

ちなみに私の場合ですが、

7月~11月の5か月程度の実績で融資承認下りました。

この5か月の最高月商は228万です。

会社辞めたのが、2015年の6月末。

で、融資通ったのが、2015年12月です。

確定申告も1回もしていない状態で融資下りました。

しかも金額は、

500万です!(^^)

 

※ 証拠画像はコチラ【口座番号等は隠してあります】

seisakukouko_yuushi

金利は1.7%

期間は7年間です。

 

なぜ、一度も確定申告もしていないのに、融資に通るんでしょうか?

法人化したからでしょうか?

違います。

それは、僕が【金融機関からのお金の借り方を知っている】からです。

今日は、その秘訣をお話しします。

これから融資を受けようという方、必見ですよ。

 

 

1.日本政策金融公庫に提出する書類をダウンロードしよう!

まず、そもそも日本政策金融公庫ってどんな金融機関か知っていますか?

それは、国が運営する金融機関なんです。

なので、創業する人には打ってつけの金融機関です。

 

日本政策金融公庫のホームページはこちら

 

申し込み書類は、各種書類に入っています。

 

各種書類はこちら

 

ここでは、

創業計画書

企業概要書

をダウンロードして下さい。

では次に進みますね。

 

 

2.創業計画書の書き方

創業計画書のダウンロードは終わりましたか?

それでは早速中身を書いていきますね。

1.創業の動機

● 自分の場合、「会社員時代より、独立志向あり」

「参入障壁が低く、利益率がある程度取れ、小規模で始められるネット販売事業で創業」にしました。

2.経営者の略歴

● 履歴書と同じように書いて下さい。

3.取り扱い商品・サービス

● 取り扱い商品は自分の扱う商品を書いて下さい。

● セールスポイントは、「毎月の固定費はアマゾンに支払う5000円程度と少額。」と書きました。

「注文管理から配送まで、すべてをアマゾンに委託しているため仕入れに集中できる。」

という感じで書きました。

4.取引先・取引関係等

● 販売先は、個人100%。

● 仕入れ先

仕入れ先は、ネットショップ名を入れます。

 

・・・・・・・・・

 

いや、ここは商社や卸の名前を入れましょう(^^)

 

ちなみにですが、私は融資を受ける際に、

せどりという言葉は一切使っていませんし、

ネットショップから仕入れるという言葉は一切使っていません。

普通に考えて、”そんなので飯食えるの?”と思われると思います。

ただし、一度でもせどりで確定申告している方は違うと思いますが。

実績がない人が融資を受けるには、

せどりという言葉は使わない方が無難でしょう。

 

次行きます。

5.従業員

● 1名【自分】

6.お借り入れの状況 

● 正確に書いてください。書かなくてもすぐにバレますので。

7.必要な資金と調達方法

● 左側の運転資金に申し込み金額を入れ、右側の自己資金、借り入れ金額等記入して下さい。

8.事業の見通し

● 売上・売上原価・経費・利益を入れて下さい。ここで重要なことは、利益はある程度出るように計算しなければなりません。

なぜかというと、これが借金の返済財源となるからです。

 

 

3.企業概要書の書き方

では、次に企業概要書の書き方についてです。

ダウンロードは終わってますか?

さっそく行きますね。

 

1.企業の沿革・経営者の略歴等

● 企業の沿革は特に書くことないですね。「○年○月創業」だけでいいと思います。

● 経営者略歴は履歴書を書く手順で書いてください。

2.従業員

● 1人

3.関連企業

● 記載しない

4.お借り入れの状況

● 創業計画書と合わせるように書いて下さい。

5.取り扱い商品・サービス

● 取り扱う商品を記入して下さい。

● セールスポイント  記載なし。

● 経営課題  自分の場合、「利益率が高く、回転率の高い商品を仕入れること」と書きました。

● 経営方針  自分の場合、「幅広い商品を扱うことにより、価格下落リスクを現象させる」

「高回転低利益率商品と低回転高利益率商品をバランスよく販売するよう心がける」にしました。

6.取引先・取引関係等

● 創業計画書と合わせて下さい。

 

こんな感じで一番重要な書類は、終わりです。

いかがですか?

意外と簡単だと思いませんか?

尚、私の場合、この二つの書類の他に、

① 資金繰り表

② 添書

③ アマゾンセラーセントラルの期間別レポート

④ アマゾンの売上入金口座の写し【原本も持っていく】

⑤ 7月~10月までの損益計算書

も全て自分で作成し、持っていきました。

必須ではありませんが。

この5つがあると説得力が増します。

作れる人は作って下さい!

 

 

4.面談対策

さて、いよいよ上記書類を提出した後は、

融資担当者との面談が待ち構えています。

正直な話、これはかなり重要です。

提出した書類について、ガンガン深く突っ込んで聞いてきます。

 

① 事業の資金繰りについて

② 返済財源の捻出について

③ 普段の生活費にいくらかかっているのか?

④ 近親者からの支援は得られるのか

⑤ 仕入れ先はどういう仕入れ先か?

⑥ 仕入れ先への支払い条件は?

⑦ 売上目標は適正か?

⑧ その他もろもろ

 

めちゃめちゃ深く突っ込んできます。

全ての質問に適宜答えられるようにしておいて下さい。

私の場合、この面談は2時間30分程度話していたような気がします。

終わった時にはフラフラになってました(笑)

この面談が終了し、いよいよ後は結果を待つだけです。

私の場合、4日程度で審査が下り、即実行になりました。

銀行員時代は、人を審査する立場でしたが、審査される立場ということで

違った意味で勉強になりました。

是非参考にしてみて下さいね。

 

融資コンサルもしているので、興味ある方はこちらをご覧ください。

融資コンサル詳細

 

 

 

 

尚、メール相談はどんな質問でも受け付けます。

100%返します。

 

LINE@登録されていない方は登録しておいて下さい。

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になっています(^^)

スマホからだと、下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい!

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

1 個のコメント

  • はじめまして。

    こちらの情報は、なかなか知らない人が多い情報ですね。

    私も初めて知ることがたくさんありました。


    起業をしたい方にとっては、
    かなり役に立つ情報だと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)