失敗しない税理士の探し方

asahikawara-menaoba

こんにちわ!きーすけです。

久しぶりの更新になってしまいました。

後輩の結婚式で北海道の苫小牧市に行ったり、

その後旭川にコンサル行ってきたり、なかなか忙しかったです。

コンサルさせて頂いた方に旭川ラーメンをおごって頂きました。

ラーメンって結局はしょうゆが一番うまいんですよね。

最高でした!

その方は去年の11月からせどりをスタートし、

店舗仕入れのみで、

12月にいきなり月商350万行ったそうです(笑)。

利益率もかなり取れてるそうです。

すごいすよね(笑)

最近は”せどりはもう稼げない”とかいろんな発信があるかと思いますが、

結局は”本人次第”なんですよね。

その方は今後情報発信もされるということなので、

またブログで紹介させて頂くかもしれないです。

 

 

では、今日もぽちっとお願いします。


せどり ブログランキングへ

 

 

今日のテーマは、

”失敗しない税理士の探し方”

にしました。

 

ブログの読者さんから、たまたま聞かれたので記事にしてみました。

参考にしてみて下さい。

いつも何を書こうか考えているので、

質問メールを頂けるとありがたいです。

 

 

1.副業レベルなら税理士なんか要らない

そもそもなんですが、

税理士って必要なんでしょうか?

法人にした場合は、基本ほぼ100%税理士はつけるかと思います。

しかし、個人事業主【副業の方も含む】の場合はどうなんでしょう?

 

まず、確定申告が必要な人というのは、

年間で利益20万円を超える人

です。

これは、

”売上 ー アマゾン手数料 ー 仕入れ原価 ー 経費 > 20万”

ということですね。

上の経費とは、携帯代やインターネット費用、送料等も含みます。

 

しかし、年間利益20万くらいの人が税理士をつけたとすると

税理士に支払う税理士報酬だけで、

かなり利益を食われてしまいますよね?

非常にもったいないです。

なので、基本的に副業レベルでやっている方は、

税理士など付けずに自分で確定申告するのがベストだと思います。

ただ、

最近は帳簿付け【何月何日にいくら収入があり、何月何日にいくら支払いがあったかを簿記の要領で残すこと】

が必須となっています。

なので、

会計ソフトを導入しましょう!

買い切りの安い青色申告の会計ソフトを使えば簡単に帳簿付けができます。

頑張って挑戦してみて下さい。

それと、確定申告書の書き方等が分からない場合などは、

最寄りの税務署に相談にいきましょう。

”税務署に聞きに行くなんてなんか怖い”

という方もいるかもしれませんが、

優しく丁寧に教えてくれますよ。

当然無料ですので、使わない手はないです。

 

 

2.良い税理士の条件

専業にしている人や、法人化している人の場合、

月商も大きくなってきて、

利益もかなり上がってくることでしょう。

その場合は、税理士にお願いすると良いです。

では、いい税理士の条件って何でしょうか?

 

それは、

”税務署から信頼されている税理士”

です。

言い換えると、

”多少厳しいことも言ってくれる税理士”

です。

 

”えっ 信頼されていない税理士なんているの?”

って思われる方も多いと思いますが、

これが多いんですよ(笑)。

お客さんの言いなりで、何でも経費処理で通して

決算書作って申告しちゃう税理士がいるんです。

今は会社の数も減少傾向ですから、税理士も死活問題なわけです。

となると、お客さんの言いなりになる税理士も少なからず増えてきます。

確かに、経費処理すればその分支払う税金が減るので

お客さんは喜びますが、

税務署としては、

”本来入る税金が入らない”

ということですから、大変なことになりますよね?

となると、

信頼できないので、税理士に税務調査に入る回数が増えるのです。

税理士に税務調査が入ると、結局は自分や自分の会社に税務調査に入る回数も

圧倒的に増えてくる訳なんですね。

 

信頼されてる税理士の場合、税務調査は数年に一回で済むのを、

信頼されていない税理士の場合は、毎年入るケースもあります。

 

税務調査が入ると、

丸一日、税務署の職員相手に質問を返答し、

決算書の詳細を洗いざらい説明しなければなりません。

体力的にも大変ですし、

ひどい場合は追徴課税を取られ、

本来収める税金よりも多くの税金を納めなければいけないことになるんです。

今までそのようなケースはたくさん見てきたので強く言いますが、

税理士を選ぶ時は、

”多少厳しいことを言ってくれる税理士を選ぶ”

これを基準にしてみて下さいね。

 

 

3.厳しいことを言ってくれる税理士ってどうやって見分けれるのか?

さて、ここが本題ですよね?

厳しいことを言ってくれる税理士がいいことはわかったけど、

どうやって見分けるのか。

その基準は、分かりやすく言うと

 

① TKCの会計システムを導入している税理士

② 税務署を辞めて、税理士で独立した税理士

 

の二つです。

1番目のTKCというのは全国でも一番大きな会計システムを提供している会社です。

この会計システムを導入している税理士は、

一般的に数人から十数人と大規模で経営している税理士が多いです。

金融機関からのウケも良いです。

自分の会社が使っている税理士もTKCに入ってます。

ただし、その会計システムを使うのに税理士報酬とは別に金がかかる【自分の場合は月7,000円】ので、

全体的な税理士報酬は、ちょっと高めということが言えます。

 

では、2番目の税務署を辞めて税理士で独立した税理士はというと、

主に1人や2人でやっているケースが多いです。

知らない方も多いかと思いますが、

税務署に20年間勤務すると、税理士の資格が与えられるのです。

なので税理士試験は受けずに、税務署を辞めて、独立して始めるケースです。

”試験も受けずに税理士になった人なんか大丈夫なのか?”

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

全然大丈夫です。

むしろ、経験が長い分、

試験に受かって税理士になったばかりの人よりも知識は豊富です。

しかも、一番重要なのは、

税務署にコネクションがあるということです。

税務署のつっこみ所も押さえていますし、

何かあってもうまくやってくれることが多いですね。

 

 

4.税理士はどうやって探したらいいのか?

いい税理士の条件が分かりましたでしょうか?

最後に探し方を書いていきますね。

 

① 各地方の税理士会に聞いてみる

② 最寄りの税務署に聞いてみる

 

まず、①の各地方の税理士会に聞いてみるですが、

例えば、私の地元”長野”の場合ですが、

グーグルで、長野 税理士会 と入れると、

【関東信越税理士会長野支部】

というのが出てきます。

この税理士会というのは、ほとんどの税理士が所属していますので、

ここに電話で聞いてみると良いかと思います。

 

また、②の最寄りの税務署に聞いてみてもいいかと思います。

いつも税理士と渡り合っている税務署職員に直接聞いてみる。

これも結構いいかもしれません。

税務署辞めた人でおすすめの税理士を紹介してくれるかもしれないですね。

 

 

では今日は以上です。

参考になりましたでしょうか?

久しぶりに記事を書いたら疲れました(笑)

では失礼します。

 

 

尚、メール相談はどんな質問でも受け付けます。

100%返します。

 

LINE@登録されていない方は登録しておいて下さい。

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になっています(^^)

スマホからだと、下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい!

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)