電脳せどりにツールは必要か?

img_20160914_102948

おはようございます。きーすけです。

上は返品になった家電たちです。

自分の場合は、一回開封された商品はアマゾンで再販売はしないので

メルカリに流します。

いちいち写真撮ったりする作業がめんどくさいですがしょうがないですよね(笑)

 

さて今日もブログ更新しました。

ぽちっとお願いします。


せどり ブログランキングへ

みなさんのおかげで10位圏内に入って来ました。

これからも頑張って書いていきます。

 

さて今日のテーマは、

”電脳せどりにツールは必要か?”

です。

 

なぜこのテーマにしたかというと、

問い合わせで一番多い質問だからです。

なんでみんな同じことを聞いて来るのかな?

と考たところ、一番の理由は、

”副業系の雑誌を見て、せどりを知る人が多い”からじゃないかなと思いました。

私も去年【平成27年】の6月までは、全く同じ状況でした。

書店に行き、せどり系の雑誌を読み

1日の作業時間は〇〇分、月収〇〇万!!

という目立った謳い文句が並んでいるのを見ては、

うらやましいなと思っていました。

 

”せどりって効率化すればこんなに簡単なんだ”

 

完全に舞い上がっていましたね。

他の人の情報発信を見ても

”電脳せどりにはツールは不可欠”

と書いてありますし、

みんな使ってるんだろうって。

そんで舞い上がった気持ちのまま

30分程度考え、結局購入ボタンを押し購入!

これで俺も電脳せどらーの仲間入りだ!

そんな気持ちで早速ツールを使って

 

仕入れ開始・・・

なるほど、価格差のあるものが出てきたぞ!!

購入先のリンクに飛びます。

 

、、、あら 在庫なし。

 

次は、

、、、、あれ これも在庫なし。

 

3時間ほど同じ作業が続きました。

結局仕入れできる商品は一つも見つけることができませんでした。

簡単に仕入れができると思っていた自分が情けなくなりました。

そのせどりツールは、副業雑誌に載っている超有名ツールでした。

「せどりはそんなに甘くない!」

そう痛感したのです。

それ以来、仕入れにツールを使うことは無くなりました(笑)

 

ちなみに今の仕入れ時間ですが、

週3日、1日3時間程度です。

たまに気合を入れ5時間程度調べることはありますが

大体そんなもんです。

 

経験者のみなさんはわかると思いますが、

せどりってそんな甘くないですからね!

 

ただ、自分もツールを否定しているわけではありません。

自分にもあればいいなっていうツールはあります。

それは、商品の需要を正確に把握できるツールです。

電脳せどりで一番重要なのは、

需要と供給を把握すること、ですからね。

今のところ正確に把握できるツールがないので使っていませんが

発売されたら教えて下さい(笑)。

でも仕入れにツールは不要です。

今日はとりあえずこんな感じでやめときますね。

今からさらっと東京行ってこないといけないので。

では。

 

 

メール相談受け付けてます。

日ごろの悩み等がありましたら

何でも聞いて下さい。

 

問い合わせはこちら

 

LINE@登録されていない方は登録して下さい。

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になってるので安心です(^^)

また、スマホからだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

4 件のコメント

  • いつもブログを楽しみにしております。
    もちろん欠かさずポチっとしています!

    気になったのですがこの送り返されたものはどういった理由で送り返されたのでしょうか?
    パッと見ではそれほど箱が傷ついてる感じはありませんが…


    また、Amazonで売るはずだったものを今回のようにメルカリで売るようなことになってしまった場合利益にはどれくらいの差が出るでしょうか?
    メルカリは手数料10%の上に値切りされまくるのでかなり下がってしまいそうです。

    • イノセンスさん

      いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます。

      送り返された理由は、
      初期不良か、思った商品と違ったなどの理由が中心となります。
      初期不良の場合には、そのままでは売れませんのでメーカーへ修理依頼します。
      それ以外の場合は箱を空けられているので、
      中古でメルカリで販売します。
      大体が赤字で販売することになりますね。
      でも需要のある商品であれば意外に高値で売れますよ。

      きーすけ

    • なべちさん

      初めまして きーすけです。
      そう簡単なことはないですね。
      お互い頑張りましょう!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)