廃盤商品の3大モール価格比較

3dai-moll
どうも きーすけです。

最近はネットショップの仕入れをしつつ、

メーカーの新規開拓と一次卸からのリピート仕入れの開拓を頑張ってます。

 

早速ですが今日のテーマは、

 

”廃盤商品の3大モール価格比較”

 

です。

上の写真には3大モールの比較表を付けておきました。

各モールの規模感が分かって頂けると思います。

 

ぽちっと応援お願いします。

押してもらえると記事を書く意欲が湧きます。


せどり ブログランキングへ

 

 

では、早速いきますね。

みなさんは廃盤商品の価格推移について考えたことがありますか?

 

商品の価格推移を考えることはかなり重要です。

量販店のアウトレットから仕入れる場合は、

仕入れる商品はほぼ廃盤品になりますからね。

 

各ネットショップ毎の特徴を書いていきます。

1.アマゾン

 

”3大ネットショップの中でも1番価格が安い”

 

廃盤商品の場合、3大モールの中で一番価格が安いのがアマゾンです。

なぜかというと、簡単に出品できるからですね。

新品の場合、カート取得をしないと売れないため、

廃盤商品であってもどんどん価格競争をするため価格は一番安いのです。

 

つまり、廃盤商品ですでに価格が上がってしまってからは、

楽天市場やヤフーショッピングの価格はもっと高い状態となり、

楽天やヤフーから仕入れることはできなくなります。

 

 

2.楽天市場

 

”3大モールの中でも一番価格が高い”

 

楽天市場は、楽天ポイントを使いたいがために利用する人も多いのが特徴です。

廃盤商品に関してもポイント利用が多いため、

価格は一番高い傾向にあります。

 

ちなみにですが、廃盤商品の仕入れで一番使うのは楽天市場です。

もちろん価格が上がってしまってから仕入れることはできませんが、

価格が上がる前に業者から仕入れます。

自分も廃盤商品を仕入れる場合には楽天市場を利用することが多いです。

 

 

3.ヤフーショッピング

 

”アマゾンと並行して売っている出品者が多く価格はアマゾンよりもちょっと高め”

 

ヤフーショッピングは、出店料が無料で個人事業主でも出店できるため、

アマゾンと並行して販売している出品者が多いです。

つまり、発送もアマゾンに外注している出品者が多いため、

在庫もアマゾンと共有していることが多いです。

 

廃盤商品を仕入れる際は楽天市場が中心となるので、

ヤフーショッピングから仕入れることは滅多にありません。

 

 

以上です。

いかがでしょうか?

廃盤商品を扱ったことがある人なら、

「分かる分かる!」

と言って頂けるかと思います。

 

 

このような特徴を知っておくと、

仕入れる際に便利です。

 

”楽天の価格が〇〇円だから、アマゾンの価格はそれ以上にはならないだろう”

 

”ヤフーショッピングの価格はアマゾン出品者の在庫を共有しているので

アマゾンから刈り取れば必然的にヤフーショッピングの出品者も消えるよな”

 

このようにいろいろ考えることができるのです。

各モールの価格推移を考えることの重要性が分かりましたか?

みなさんも廃盤商品を仕入れる場合には、

是非一度考えてみて下さいね。

 

 

 

初心者の方はこちら

自分のせどり実績

コンサル生実績

個別コンサルはこちら

融資コンサルはこちら

 

 

メール相談受け付けてます。

問い合わせはこちら

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になってるので安心です(^^)

また、スマホからだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)