転売に拒否反応を持つ人へ

kyohi
どーも きーすけです。

ついに2月も終わりますね。あっという間でした。

1日1日何するかを考えて行動していかないといけないですね。

やりたいことが多いですが、選択と集中が大切な気がします。

メルマガやるとかいって、結局準備が途中で止まってるしw

 

最近楽天とヤフーショッピングが無在庫転売にメスを入れ始めました。

無在庫はどんどん淘汰されていくでしょう。

分かりやすく書かれた記事を発見したので、参考にどうぞ。

参考記事はこちら

 

さて、今日もぽちっとお願いします。


せどり ブログランキングへ

 

さて、今日のテーマは、

”転売に拒否反応を持つ人へ”

です。

 

以前にも似たような記事を書いたような気もしますが、

もう一度今の自分の視点から書いていきたいと思います。

 

自分も始めた頃は楽天から仕入れてアマゾンで販売するということに

違和感を覚えましたが、今では何とも思わなくなりました。

それは、世の中は転売で成立していると気づいたからです。

そもそも転売ではない仕入れとはどんなルートかというと、

 

① メーカーからの直仕入れ

② メーカーから仕入れる正規代理店【商社】からの仕入れ

 

この2つしかありません。

つまり、このルート以外からの仕入れは全て転売です。

業者からの仕入れであっても、

買い取りをしている業者から仕入れたり、

横流ししている業者から仕入れた場合は完全に転売品となります。

 

では、具体的に自分の身の回りでどんな転売があるのか考えていきます。

 

1.中古市場

 

中古市場は100%転売です。

個人から買い取り、それを再販する行為だからです。

最近はセカンドストリートなど大手が台頭してきたので、

一定の市民権があるように思いますが、

やってることは完全に転売ですよね?

 

せどりは中古をやっている人も多いと思いますが、

やっていることは、リサイクルショップのミニバージョンみたいなもんです。

店舗で売るかネットで売るかで変わってくるだけの話です。

古物商を持っていれば法律上も何も問題ありません。

 

 

2.価格.COM

 

では、価格.COMに関してはどうでしょうか?

価格.COMというと業者しかいないですし、

出店するのに審査を受けているため信用できるという人が多いと思いますが、

メーカーや正規代理店から仕入れている業者はほとんどありません。

その多くが【現金問屋】と呼ばれる横流し業者からの仕入れをしています。

 

価格.COMで商品を調べた時に、

最安値が有限会社などの小規模会社の場合が結構あると思いますが、

どう考えてもおかしいですよね?

普通に考えたら、

量販店などの大手小売店の仕入れ価格に小規模会社が仕入れ値で勝てるはずがないのです。

なのに量販店よりも販売価格が安い・・・つまり、これは横流し品だからです。

 

具体的に言うと、

節税対策のために購入したパソコンの買い取り品や、

閉店店舗在庫商品を買い取りした横流し品など、

いろいろなケースがありますが、

正規ルートよりも安く仕入れできる商品が価格.COMに流れ込んでくるのです。

つまり、価格.COMは転売市場だといえます。

 

 

3.並行輸入品

 

輸入品に関しても同じことが言えます。

メーカーから仕入れるか、

正規代理店から仕入れる以外は並行輸入品とされ、

正規代理店品と分けられます。

もちろん商品は本物ではありますが、

仕入ルートが違うというだけで、扱いが変わるのです。

仕入れ先の中には、買い取りや横流し品を扱う仕入れ先も当然存在しますので、

これも転売品となります。

 

国内小売りで一番並行輸入品を扱っている店舗はどこかわかりますか?

そう、ドンキ・ホーテです。

ドンキ・ホーテで扱うブランド品は全て並行輸入品だからあんなに安くできるんですね。

 

 

さて、いかがでしたか?

世の中は転売で成立していることが分かって頂けましたでしょうか?

もちろんチケット転売などの行為はダフ屋行為となりますので、

ダメな転売かと思いますが、

普通の転売を否定すると世の中の商売が成立しなくなります。

 

転売に拒否反応がある方は一度立ち止まって考えてみることをおすすめします。

では、今日は以上です。

 

 

初心者の方はこちら

自分のせどり実績

コンサル生実績

個別コンサルはこちら

融資コンサルはこちら

 

 

メール相談受け付けてます。

問い合わせはこちら

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になってるので安心です(^^)

また、スマホからだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)