FBA倉庫へ送る際のおすすめ配送業者とその理由

20150224_2
こんにちわ きーすけです。

毎週月曜日はほとんどやる気がなく、

ふと気づくとネットサーフィンを3時間くらいしちゃったりしてます。

なので本気になるのは今日からですw。

多分普段の自分の姿を見られるとやる気のなさが半端ないです。

やる気さえ出ればもっと売上も上がると思うんですけどね。

 

では、今日もさくっと書いて行きます。

今日のテーマは、

”FBA倉庫へ送る際のおすすめ配送業者とその理由”

です。

 

さっそく書いて行きます。

1.おすすめの配送業者はどこか?

 

基本的にここでおすすめする配送会社は、

自己発送の時にお客さんへ直接送る時の配送会社ではなく、

アマゾン倉庫へ送る際の配送会社になります。

今は、送料無料キャンペーンをやっているので、

あまり考えなくてもいいかもしれませんが、

来年以降はそれもなくなるので、

今の内からどこがいいか考えておいた方がいいですよ。

 

ちなみにですが、自分の場合は送料無料キャンペーンは一切使っていません。

一回につき5個までとか、受領までに少し時間がかかることに加え、

倉庫が選べないのが嫌なのです。

鳥栖倉庫などになったら長野からだと2日かかります。

自分の場合は販売の機会損失と送料を天秤にかけたら、

機会損失の方が大きいと思います。

もちろん個人の方は無料キャンペーンは使った方が間違えなくいいですけどね。

 

まず、配送会社というといろいろ思い浮かべるのが、

クロネコヤマト

佐川急便

日本郵政

の3社ですね。

 

なので、みなさんこの3つから選ぼうとするんですね。

おそらく一番多いのが、

佐川か日本郵政かと思います。

おそらく契約料金は140~160サイズで、

1箱600円~700円くらいが相場ではないでしょうか。

 

でもそれはもったいないです、配送会社はもっとありますよ。

セラーセントラルの配送会社の一覧を見れば分かりますよね。

西濃運輸/福山通運/名鉄運輸/トナミ運輸

他です。

 

そして、自分が契約しているのが、

福山通運

です。

 

西濃運輸は電話しましたが、大した料金で契約できなそうだったので、即アウト。

名鉄とトナミ運輸は見積もりを出していないのでわかりません。

 

 

2.福山通運をおすすめする理由① ~安さ~

 

まず、一番の理由は安さですよね。

なんの気なしに見積もりを出してもらったら、

びっくり仰天の料金で契約できました。

ここでは個別の料金はさすがに言えませんが、

ホント大きな声では言えないくらいの料金設定です。

佐川とかと比較したら半額以下でした。

自分の契約は140センチで契約しています。

※ ちなみにコンサルグループでは詳細の金額を案内しています。

 

なぜこんなに安いのか営業担当の方に聞いたら、以下の答えが。

「個人宅への配送はできないからです。会社宛ての配送のみの料金となります」

ということです。

つまり、この料金は個人宛てには適用できないということなんです。

自己発送をほとんどしない自分には関係ないですね。

最近ヤマトや佐川急便がいろいろと問題になっていますが、

これは個人宅への配送だからなんですよね。

個数が少ない割に、再配達が多ければ出費がかさむのは当然ですからね。

ちなみにですが、この料金は個別で設定が違いますので、

自分と同じような料金で契約できるとは限りません。

マンション住まいなどの場合は、集荷するのに大変ですからなかなか料金で引いてくれるとは限りません。

 

 

3.福山通運をおすすめする理由② ~専用プリンターを使える~

 

福山通運はお客さんの作業負担を減らすために細心のプリンターを開発したそうで、

伝票を印刷する専用プリンターを無料で貸してくれます。

クロネコや佐川急便があるのはわかりますが、

福山通運にあるんだという感じw

 

名前は、

istar-2

語源は何かは知りませんが、かっこいいですねw

てか1があったんだ。

※ 実機はこれです。大きさは15×10×15センチくらいで置き場所にも困りません。

5919656213526
 

この専用プリンターでの印刷は驚くほどのスピードです。

10枚印字するのに、10秒くらいです。

めちゃ早w。

もちろん、専用の送付書に印字するので、

紙代はかからないですし、

専用プリンターでの印刷なのでインク代もかかりません。

また、送付書はシール形式になっているので、

ぺたっと貼るだけ。

5919655670590
送料無料のゆうぱっくで送ると紙をOPPテープで貼り付けるめんどくさい作業があるかと思います。

何箱もあると結構めんどくさいですよね。

そういう作業から解放される意味でもかなり時間の短縮ができますし、

ストレスがかかりません。

 

以上です。

 

 

もちろん、具体的な契約の料金は、

個人個人や営業所の考え方によっても変わってくるので

何ともいえませんが、まずは見積もりだけでも出してもらうことは大切ですよ。

 

では、今日は以上です。

 

記事を読んで、きーすけを応援してもいい!

と思って頂いた方はぽちっと押して頂けると助かります。


せどりランキング

 

 

初心者の方はこちら

自分のせどり実績

コンサル生実績

個別コンサルはこちら

融資コンサルはこちら

 

 

メール相談受け付けてます。

問い合わせはこちら

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になってるので安心です(^^)

また、スマホからだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • 送り状発行システムはヤマトには「C2」、佐川には「e飛伝」などがありそれぞれ無料で貸してくれます。

    • なるほど、やっぱそうですよねw大手がないわけないですもんね。情報ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)