国内仕入れ/欧米輸入/中国輸入 について

こんにちわ

かなり久しぶりに書きました。

輸入開始してから、自分の方向をようやく探し出せてきました。

 

先週は北京のメーカー展示会に行ってきました。

ちょうどキムジョンウンが来てた時だったので、

警備が多かったような気もしました。

 




 

メーカー展示会と観光もしてきました。

天安門と前門ですね。

かなり刺激を受けました。面白かったです。

特に中国行って思ったのが、英語が全く通じません。

中国語以外言葉だと思ってないんですかねw

中国は小学校低学年から英語は勉強するので知らないことはないみたいですが、

現地通訳に聞いたら、

北京人は特にプライド高いから完璧に使いこなせないと使わないのだそうです。

 

また、メーカー展示会へ行きましたが、

大体のメーカーがOEMに対応してくれるとのことでした。

やはりOEMに関してはかなり積極的な国なんでしょうね。

 

また決済は、調べてからいったのでわかっていましたが、

we chat payとアリペイ

ですね。


これが中心です。

現金持っていくと嫌がられますね。

ただし、どちらも中国国内の銀行に口座を持っていないと、

入金できないのですが、

we chat payに関しては、

事前に調べて出発した羽田空港内にあるポケットチェンジという

機械で入金できるとのことで入金していきました。

 

では、早速ですがアマゾン物販の未来について書いていきたいと思います。

 

1. 国内業者(メーカー/問屋)仕入れ

 

まず、国内メーカーや問屋からの仕入れに関していうと、

頑張って15%がいいとこです。

ほとんどが8%~13%くらいですね。

この利益率に関しては自分の実績を見て頂ければわかると思います。

 

また、コンサルを受けた方にも初めにこれを言ってますが、

「交渉するメーカーで仕入れができるのは10~15件交渉して1件決まるかどうか」

となります。

 

ただ、おもちゃなどは12月にかけて価格が上がっていくような商品であれば、

利益率20%超えもあるかもしれません。

例えばこのサイトも利益率高い商品はゴロゴロあります。

ただ、基本的に価格を下げる人がどうしてもいるので、

初めは20%出ていたけど、段々価格が下がってきて、

利益率が10%以下になってしまうこともあります。

 

また、この商品を見て下さい。

この商品はnetsea

から仕入れた商品です。

netseaなんかで仕入れできる商品あると思ってる方も少ないですが、

たまにあるんですよw

※ もちろん自分は、こういうネットサイトからの仕入れはほとんどありません。

 

これは、仕入れ値が680円ですので、

今の価格だと利益率21%出ますね。

ただ、この商品は製造している期間が短いので今は製造していません。

去年の秋11月以降価格が下がっていると思いますが、

最低で1280円まで下がってますね。

1280円だと利益率3%です。

ただ、製造中止になると当然供給が止まるので、

安く売る人がいなくなると価格は上がりますね。

すぐ1600円台に回復していると思います。

このように価格競争を仕掛ける出品者が何人かいるとすぐに利益率は

下がります。

特に国内仕入れに関しては、アマゾン出品初心者が不安になって

どんどん価格を下げる傾向にあるので、すぐに売れないということもあるのです。

 

なので、はっきりいうとランキング高い商品(5000位以下)で

利益率10%がいいとこなので、

国内仕入れでやっていくには、

薄利多売で売り上げを上げていく、

セット商品や他の人が扱いたがらない要管理商品や危険物などを扱っていく

などをしていく必要があります。

 

 

2. 欧米輸入

 

輸入といえば中国輸入か欧米輸入が一般的ですね。

欧米輸入をやっている人は、

主に、

 

① 並行輸入品を取り扱い

② メーカーの独占販売権

 

で販売している人の2つに分けることができます。

並行輸入品の仕入れであっても欧米輸入であれば、

20%~30%の粗利益をとることは可能です。

が、もちろん送料がかかるので送料込みで、そのくらいの

利益率でないと意味ないですね。

 

また、独占販売権に関して自分も挑戦しようと思いましたが、

やはりハードルは高いように感じますし、

メールなどでの交渉だけでうまくいくとは思えません。

自分がアメリカのメーカーだとして、

日本の会ったこともない小さい会社からメールで独占販売権の話が来たら、

スルーしますよね?

自分だったらすると思います。

なので、ある程度は代行業者に任せるとして、

初回の契約では、実際に訪問して会う必要があります。

 

また、欧米輸入最大の欠点は、

送料の高さと配送に時間がかかるということです。

よほど小さくて高価なものであれば航空便でもいいですが、

基本的には船便が中心となってきます。

1か月近くかかることもありますのでそれを考えると若干ハードルは高い気がします。

 

 

3. 中国輸入

 

最後に中国輸入はどうでしょうか?

中国輸入の仕入れで考えられるのは、

 

① 並行輸入品の取り扱い

② メーカー独占販売権の取得

③ OEM商品の販売

 

この3つですね。

この中で並行輸入でも利益は出ますが、

OEM商品の販売が中国輸入の最大の魅力ですね。

メーカーの独占販売権をとるということは、

メーカーから月何個売ってほしいとか圧力があったりしますが、

OEMの場合は、自分がメーカーになるので、

そういうことは全くないですね。

ただ、ロットが大きくなったり、

検品をしっかりしないといけなかったりはしますが。

 

ということで、

この2か月間くらい必死でいろんな情報集めたり、

お金払って得た知識を総合すると、

 

中国輸入を極める

 

ということに落ち着いたんです。

 

ということで、今後しばらくは、

中国輸入を極めるために時間を使っていきます。

では、今日は以上です。

 

 

記事を読んで、きーすけを応援したい!

と思って頂いた方はぽちっと押して頂けると助かります。


せどりランキング

 

きーすけチャンネルはこちら

初心者の方はこちら

自分のせどり実績

コンサル生実績

コンサル内容詳細

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になってるので安心です(^^)

また、スマホからだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)