きーすけです。

 

最近では出品アカウントを複数もっていますが、

古いアカウントは使わないようになってきました。

多くは新アカウントへ商品を移行していきます^^

できるだけ商品を分散して、リスクを軽減しています。

 

今は新規アカウントでもヘルビ規制などが何もありませんので

複数アカウントを作るにはいい時期ですよね。

ただ、アマゾンからおもちゃのメーカー規制が入りましたね。

その件についてはまた記事を書きたいと思います。

 

今日のテーマは、

     『差別化を常に考えながら行動する』

 

どんなビジネスでもそうですが、

競合は常にいる存在です。

その競合がいても競合に勝ち続けていくためには

差別化は必須となります。

 

❏ 物販における差別化ってどんなものがあるのか?

では、物販における差別化というのは

どんな差別化があるのでしょうか?

 
1. 仕入れ先の差別化
2. 仕入れ交渉の差別化
3. 資金力の差別化
4. 販路の差別化
5. 商品の差別化
 

このようなことがあげられますね。

一つひとつ見ていきましょう。

1. 仕入れ先の差別化

一番大切なのは、仕入れ先の差別化です。

当然ですが、せどりでも業者仕入れでも

他の人が簡単に仕入れできるような仕入れ先というのは

競合も多く、価格競争になっているケースが多いです。

 

なので、できるだけ競合が少ない仕入れ先を開拓する必要があるのです。

例を挙げると、、

 

自分が今問屋から仕入れをしている商品は競合も少なく、

利益率が15%を超える商品も結構あります。

回転はいい商品と悪い商品も両方ありますが、

ほとんど競合が増えません。

 

そういった競合が増えにくい商品を扱うには、

やはりメーカー仕入れではなく、

問屋から仕入れた商品の方が競合は増えませんね。

 

このように、常に競合が少なそうな仕入れ先を

開拓していくことが非常に大切となっています。

2.  仕入れ先の交渉の差別化

次は交渉による差別化です。

仕入れ先が同じでも、

交渉によって仕入れ値が変わる場合があります。

 

これは交渉しない手はありませんよね。

自分も今、

仕入れしている先で交渉しているところが多いです。

 

一番初めの交渉では仕入値が全然合わない状態でも、

きちんと10%以上の利益が出るようになるまで交渉しています。

最大3回くらい交渉した先もあります。

 

当然交渉しても全く仕入れ値が変わらない仕入れ先もありますが、

交渉して価格が下がるところは、

交渉したほうが良いでしょう。

 

ただ、単に価格を下げろという交渉はうまくいかないので、

うまい交渉の仕方を考えていかなければなりませんね。

 

ちなみに自分は量を多く買わなくても、

利益が出るようにしています。

1個単位で仕入れができる状態です。

3. 資金力の差別化

物販は資金力が大きいほど有利です。

これは少し物販をかじればわかることですが、

仕入れるロット数によっても価格は当然変わってきますので、

資金があればあるだけ交渉力は強いと言えますね。

 

融資というとやはり、

「怖い」というイメージがまだまだ強いですが、

運転資金で借入するわけなので、

在庫を売ってしまえば返済できる資金なんですね。

なので怖がる必要は全くないと思います。

4. 販路の差別化

アマゾンはどうしてもカートを取得できるのが1人だけなので

価格競争になりやすい市場ですよね?

 

なので、ヤフーや楽天市場などへ出店することで

競合は当然一気に減っていきます。

 

最近は、アマヤフなどのサービスを使うと、

アマゾンFBA在庫を自動的に発送してくれるので

このようなツールを使えば、さほど手間が掛かることなく

ヤフーや楽天などで販売できます。

 

自分は楽天などへの出店は固定費が

上がるのでやってはいませんけどね。

5. 商品の差別化

最後に 扱う商品の差別化です。

商品自体を変えるということですね。

これはOEMなどになってきます。

 

大手のイオンや量販店も

最近は独自OEM商品の販売をしていますね。

 

扱う商品が同じだと当然競合が増えますので、

商品自体を変えることで競合はいなくなります。

海外からの独占販売権も同じですね。

 

人と違う商品を扱うことで、

一気に利益率は上がっていきます。

この差別化ができないと利益率は

いい所10%~15%を超えることはできません。

 

以上です。

 

 

記事を読んで、

きーすけを応援したい!

と思って頂いた方はぽちっと

押して頂けると助かります。


せどりランキング

 

きーすけチャンネルはこちら

初心者の方はこちら

自分のせどり実績

コンサル生実績

コンサル内容詳細

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側から誰が登録されたかは

わからないので安心です(^^)

 

また、スマホだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ