中国輸入の並行輸入とOEMについて


こんにちわ きーすけです。

最近は中国輸入のOEMやコンサル生のフォローや

中国輸入用のアカウントを作成して、

お試しでいろいろ販売したりしていたため、

かなり久しぶりになってしまいました。

これを機会にブログのテーマも変えました。

 

中国輸入について書きましたので、

参考にしてください。

1.中国ショップからの並行輸入

並行輸入というのは、

中国のネットショップや

アリババ(日本で言うNETSEA)などのサイトから

日本のアマゾンで仕入れて売る方法ですが、

やはり、この方法である程度の利益を稼げたのは

過去の話ですね。

 

今でもできないことはないですが、

15%くらいの利益率がいいとこです。

ある程度のボリュームを買うと

仕入れ値が大きく変わってくるので、

多少在庫を抱える必要はあるかと思います。

 

2.OEMで独占販売

自分はこのOEMを今頑張ってます。

これは、自社ブランドで販売するので、

自分がメーカーになるのと同じ事ですね。

 

やはり中国輸入をするなら、

このOEM商品を扱って独占販売しないと意味ないですね。

 

ただし、OEM商品というと、

独占販売でずっと売れるイメージがありますが、

実際にはそんなことはありません。

新商品が出てきたり、

競合が増えると売れる数は変わってきますので、

商品の賞味期限は、

6か月~2年程度です。

 

それでも独占販売できるというのは、

かなり魅力的ではありますよね?

ちなみに利益率は、30%以上です。

※ もちろんアマゾンに支払う手数料を引いて自分に残る利益率です。

 

利益率の高さや独占販売のことを加味すると、

かなりメリットは大きいかなとは思いますが、

当然大変なこともあります。

 

一番大変なことは、

『どう売るか?』

です。

 

相乗り販売の場合は、

需要を読んで、

仕入れる数を決めますが、

OEMでは、そもそも売れるかどうかわかりませんので、

まず、自分でページを作って売ってみることからスタートします。

 

しかも、ただページを作るだけでなく、
① 商品画像をきれいに作る ⇒ この時点でかなり時間かかります。
② 商品説明書を自作する ⇒ ワードなどで作成します。これもめんどくさいw
 

この2つの作業が発生してきます。

 

これが結構めんどくさいんですね。

逆にこの作業工程さえ、

時間をかけずにできるようになれば、

それほど時間をかけずにできるようになってくるかと思います。

自分もできるだけ時間を短縮できるように今頑張っています。

 

OEMと聞くと、

勝手にハードルを上げて難しく考えるかもしれませんが、

難しいというかめんどくさいという感じですね。

その代わりハードルが上がる分、

競合はかなり減ってきます。

 

今でもせどりや国内メーカーや問屋仕入れでも

利益を出すことは可能ですが、

独占販売をしていくのといかないのとでは、

利益率が2倍~3倍以上変わってきますので、

物販の安定性は全く違ったものになってくるかと思います。

 

もう少し自分なりにページ作成などを

簡潔に作成できるようになったら、

OEMに特化したコンサルもしていこうと思っています。

 

では、今日は以上です。

 

 

記事を読んで、きーすけを応援したい!

と思って頂いた方はぽちっと押して頂けると助かります。


せどりランキング

 

きーすけチャンネルはこちら

初心者の方はこちら

自分のせどり実績

コンサル生実績

コンサル内容詳細

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側からは誰が登録されたかはわからない状態になってるので安心です(^^)

また、スマホからだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)