現金問屋開拓のススメ


こんにちわ きーすけです。

ちょっと時間が空いてしまいましたね、

すいません 記事のテーマを考えるのも大変なんです。

やっぱ記事を書くなら、

読んで良かったと思える記事でないと意味ないですからね!!

 

では、さっそく書いていきます。

今日のテーマは、

”現金問屋開拓のススメ”

です。

今現在自分は、メーカーや商社など多くに当たっており、

既に契約もできていますが、このような正統な仕入れではなく、

違うルートの仕入れ方法も覚えておくといいですよ。

自分も当たれるところは当たっています。

1 価格.comの最安値出品者はどこから仕入れているのか?


まず、みなさんに確認なんですが、

価格.comは知ってますよね?

価格.comは特に家電の価格が安い訳ですが、

最安値って量販店ではないことがほとんどなんですね。

なんであそこまで安いのか考えたことはありますか?

あれは横流れ品を扱っているから安いんですね。

 

大手メーカー商品の場合、

基本的に大手小売り【量販店やドンキ、イオンなど】

と契約する際は数万ケース、数十万ケースなどの

ロットで大幅に割り引いて契約をしています。

 

ってことはですよ!

価格.comに出店している業者がメーカーと

数万ケースの契約をしているのか??

いや そんなことはありえません、

価格.comに出店している業者の資本金を見てもらえば分かりますが、

300万とか500万とか多いです。

その程度の会社が数万ケースの注文などできる訳がないのです。

 

では、どのようなルートで仕入れをしているかというと、

現金問屋から仕入れをしているのです。

現金問屋ってなに??

次に続きます^^

2 現金問屋ってなに?


では、現金問屋って何でしょうか?

現金問屋というのは分かりやすくいうと、

”転売業者”です。

横流れ品を扱う業者になります。

俗にバッタ屋ともいいますね。

 

このような現金問屋はどのように仕入れをしているかというと、

大手小売り業者【量販店等】から不良在庫を買い取ったり等、

在庫買い取りを本業にしているケースが多いです。

 

在庫買い取りは物販の世界では当たり前で、

食品やアパレルや家電など、

あらゆるジャンルに買い取り業の業種が存在します。

ネットで検索すればいくらでも表示されると思いますので、

分かると思います。

 

このような現金問屋は、

在庫を買い取る際に現金一括で在庫を一括買い取り

するケースが多いため、

早く商品をさばかないと次の仕入れができないわけですね。

なのですぐに売りたいわけです。

ということで販路は常に抱えておきたいと思っているのです。

つまり、個人や小規模法人でも取引しやすいという特徴があります。

3 現金問屋仕入れはスピードが勝負


現金問屋からの仕入れはスピード勝負です。

どういうことかというと、

最近はネット販売を主にしている業者が

現金問屋から仕入れをしているケースが多いため、

みないろんな買い取り業者に登録しているのです。

 

買い取り業者はいい商品情報が入ったら、

登録している会員に対し、

商品案内メールを一斉に送りますので、

いい商品が入ると

5分程度でネット業者に買われてしまうという傾向があります。

 

つまりスピード勝負になる訳ですね!

なのでそのスピードに勝たないといけないので、

いつも仕入れができる訳ではないです。

なので登録する業者は、

できるだけ多く登録しておくことをオススメします。

業者が多ければ多いだけ、仕入れができる確率が上がるのです。

4 現金問屋のルールに従う


現金問屋には、ルールに厳しい所と

厳しくない所があります。

ルールに厳しい現金問屋は、

メーカーから直に余剰在庫や廃盤商品を買い取りしている

ケースが多いです。

 
メーカーから仕入れをしている = メーカーの指示に従う必要がある
 

ということです。

つまり、どの現金問屋と取引をする業者にも

メーカーの指示が守れない業者には商品を卸してくれないのです。

これは大手メーカーほどそうなんですが、

ネットで販売している業者には卸してくれないケースが多いです。

 

その場合は、店舗で販売するなどうそをついて仕入れて

そればバレるとそれ以降の取引停止など厳しい対応になるので、

ルールがある場合は、きちんとそれを守る必要があります。

5 現金問屋と付き合うには必ず電話交渉しよう!


自分の場合メーカーへの交渉でも商社への交渉でもそうですが、

今ではメールでの交渉はほとんどしていません。

かならず電話交渉しています。

なぜかというと、

”相手を知るため”

です。

 

電話交渉をするといろんなことが分かってきます。

仕入れの面で言うと、

”ネット業者には卸したくないんだな・・・”

”値段を守ればネット業者でも卸してくれる可能性あるな・・・”

とか分かりますし、

 

電話にすぐに出て対応がしっかりしていれば、

信用できる会社だなと思うし、

ぶっきらぼうな言い方をしてくるような対応であれば、

そもそも信用できませんよね?

 

業者からの仕入れは、

基本的に現金先払いが原則ですが、

いくら利益が出る商品を扱うメーカーでも

信用できない会社と取引したいですか?

自分は取引したくないですね。

金だけ払って倒産して商品送ってこない可能性だってある訳です。

(今の時代はほとんどないとは思いますがw)

 

ということで、

電話をかけることで、

メール交渉では得られないいろんな情報を

入手することができるのです。

ということで必ず電話交渉を心がけましょう。

6 簡単に探せる業者ほど競合が多い


これは当然なことなんですが、

グーグルで現金問屋を調べて1ページ目とかに表示されるような業者は

登録している人も多く、競合が非常に多い傾向にあります。

ということは商品の奪い合いも激しいと考えておいた方が良いです。

 

しかし、日本にはホームページすらもっていない、

またはホームページがあっても全く上位表示されないような

現金問屋も複数あります。

 

東京や大阪近郊に住んでいる方は、

そのような小規模現金問屋を探していくとよいでしょう。

また、そのような小規模現金問屋と付き合うメリットとして、

現行品の仕入れでもメーカーや商社から買うより

安く買えたりするケースもあります。

そのような場合は継続して仕入れができる商品になっていきます。

ホント訳のわからない仕入れルートを持っていることも多いので、

深く付き合っていくとよいでしょう^^

 

尚、小規模現金問屋は信用できないところもあるので、

必ず訪問して代表者がどんな人なのか、

会社の規模や雰囲気などを

会って確かめることをオススメします。

7 現金問屋は横のつながりが強い

現金問屋の特徴として、

同じ業態の現金問屋同士の結びつきが非常に強いことも

特徴の一つと言えます。

 

なぜ結びつきが強いのか??

それは、問屋同士で持ってるお客さんが違うので、

自分の所で全部はけなかったら仲間に

代わりに売ってもらう必要があるんですね。

 

・・・この結びつきが強いことがどうしたの?

そうです、その通りです。

意味がないことを話したりしませんよ。

 

問屋同士の結びつきが強いということは、

ブラックリスト情報も出回っているということです。

例えば、ネット販路NGの商品を隠してアマゾンで売ったことがばれて、

その現金問屋との取引が停止したとしますね。

 

その場合、他の現金問屋にも情報が回っているケースが多く、

他の現金問屋の取引も切られたり、

新規での取引ができなかったりするということです。

現金問屋の1つくらい切られても大丈夫!

と思っている人には痛いしっぺ返しが来るかもしれませんよ。

覚えておきましょう!^^

 

それでは今日は以上です。

現金問屋について分かって頂けましたでしょうか?

また、いい情報を流していきますね^^

 

きーすけを応援したい!

と思って頂いた方はぽちっと

押して頂けると助かります。


せどりランキング

 



 



 



 



 



 

 

 

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側から誰が登録されたかは

わからないので安心です(^^)

 

また、スマホだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)