業者仕入れの最近の傾向


こんにちわ きーすけです。

月末は仕入れも特にないので時間が空いているので、

またブログ更新しました。

 

今日のテーマは、

”業者仕入れの最近の傾向”

です。

1 中小メーカーはかなりきつい


業者仕入れというと、

中小メーカーからの仕入れが多いかと思いますが、

現状はかなり飽和してきています。

中小メーカー仕入れをしている人の多くが、

① 中小メーカーから仕入れをしている人のアカウントを追う

② 片っ端からメーカーへメール交渉する

という交渉を中心にしているかと思いますが、

ここ最近はこの仕入れ交渉ではもう難しくなってきました。

 

断られる理由としては、

① ネット販売している小売りには卸さない

② 個人には卸さない

③ ネット小売りへの卸先を増やす予定がない

といった理由がほとんどかなと思います。

 

この交渉方法の何がいけないと思いますか?

答えは、メール交渉です。

業者仕入れといえばメール交渉みたいな形が多いと思いますが、

メールの交渉と言うのは、敷居が低いので誰でも参入できます。

北海道から沖縄まで心理的なハードルもなく誰でもできます。

誰でもできるということは、当然競合も増えますからね。

 

もちろんこの方法でも仕入れ先の開拓ができないこともないですが、

現状の場合、30~40件交渉して1件決まるかどうかくらいの確率になります。

しかも、卸してはくれても価格が合うとは限りません。

 

自社ホームページ作って、

ひたすら仕入れ先を探して丸一日メール交渉しても

1件決まるかどうかわからない確率です。

どう考えてもきついですよね。

 

しかも、中小メーカーの商品って、

商品種類が少ないので、仕入れできても

数種類の商品しか扱えません。

やっとの思いで交渉したのに対して売上に貢献してくれない・・・

辛いですねw

2 交渉は訪問が一番


業者への交渉をメールや電話でしている方も多いと思いますが、

一番いいのはやはり訪問です。

 

訪問となった瞬間に心理的なハードルがぐっと上がりますし、

住んでいる場所の関係からなかなか訪問までできないケースもあるので、

そこで差別化できるわけですね。

 

中小メーカーの場合でもこれは当てはまります。

メールや電話で交渉してうまくいかなくても、

訪問すればうまくいくケースがあります。

 

中小メーカーの社長とかは、

創業社長も多くて商品にこだわりを持っている人も多いです。

そのこだわりを理解してくれる人に売りたいと思う人も多いです。

相手の気持ちを理解することも交渉では重要になります。

 

メールや電話だとなかなかそれが伝わらないですよね?

なので訪問が一番いいということです。

3 今後の業者仕入れで生き残れる人とは?


今後の業者仕入れで生き残れる人ってどんな人だと思いますか?

今までの話をただまとめただけですが、
■ 決済権限のある人にアポを取って訪問し、きちんとした交渉ができる人
だと思います。

 

そんなに難しい作業ではないと思います。

ここ1~2年で業者仕入れというジャンルがかなり有名になったので、

誰でもできるようなメール交渉は辞めましょう。
誰でもできる ⇒ 競合が増える
という考え方を常にもって、

他の人と違う行動をとるように心がけてみましょう。

 

では、今日は以上です。

 

 

ライン@登録者全員にきーすけが有料で販売している

【アマゾン物販特化型融資獲得教材】

が、無料で手に入ります。

下記から登録して頂きますと、

自動返信でダウンロードサイトリンクが自動返信で

表示されますので、

そちらからダウンロードをして頂けます⇓

ID @kisuke

友だち追加数

きーすけを応援したい!

と思って頂いた方はぽちっと

押して頂けると助かります。


せどりランキング

 



 



 



 



 



 

 

 

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側から誰が登録されたかは

わからないので安心です(^^)

 

また、スマホだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

2 件のコメント

  • こんにちは。
    業者からの仕入れは、アポを取っての訪問することなのですね。
    中小企業からの仕入れは、厳しいようですね。

    • メグさん

      はい アポを取ってから訪問しましょう。
      中小メーカーの仕入れは現状かなり厳しくなっています。
      大手メーカーの商品を問屋から仕入れる方が簡単です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)