プロフィール

coffee-apple-iphone-laptop-medium (1)

はじめまして きーすけと申します。

電脳せどり起業物語のブログへようこそ!

このページでは、きーすけのプロフィールを紹介させて頂きたいと思います。

今までの生い立ち、せどり開始から実績に至るまで紹介していきます。

 

1.自己紹介

yun_9911

私は1985年生まれの31歳、

緑豊かな長野県長野市に生まれました。

スポーツが好きで小さい頃はよく外で遊んでいました。

中学・高校共に部活に入り毎日走り回っていました。

血液型はO型で典型的な楽観主義者です。

小・中・高と長野に暮らし、

大学では他県に行き、就職もそのまま大学がある県の地方銀行に入社しました。

それでは会社員時代から電脳せどりをするまでに至った経緯を書いていきます。

 

2.会社員時代

 

銀行に入社し、まずは大学の近くの支店に配属されました。

初めはやはり個人回りをさせられ、

定期預金集めやカードローンの勧誘などの仕事をさせられました。

時には一日中個人住宅を回り、

住宅ローンの借り換え提案などをしたこともありました。

サービス残業も多く給料も思ったより少なかったので、

 

”なんでこんな面白くないし、苦しい思いをして給料が少ないんだ”

 

と思っていました。

そんな初めの支店での仕事は2年間で終わり、

次はいきなり北海道に転勤になりました。

実際に北海道にいたのは3年間でしたが、

ここでは主に法人融資を中心に仕事をしました。

個人回りをしなくてよくなった分ストレスからはかなり開放されました。

しかも、会社の経営者と話をする機会が増えたため、

会社を経営するということを身近に感じることができました。

この頃の銀行経験は、後に起業する際に非常に勉強になったと思います。

またこの頃から起業の夢はありましたが、

何で起業すればいいのか常に考えている状態でした。

そんな状態で3年間北海道で過ごし、

ついに地元の長野へ転勤となりました。

 

その支店は業績の悪い支店だったこともあり、

顧客に強引に売り込むセールスを強要されました。

休日も一応休みではありますが、

営業をかけるように言われ、

土日に1人で法人の新規開拓の営業をしたり、

既存顧客への押し売りセールスをしたりしました。

休みもなく、しかも残業も一切付けられないことにストレスを感じ、

ついには、6月いっぱいで辞める決断をしました。

とても辞められる雰囲気ではありませんでしたが、

強引に押し通し、6月いっぱいで辞められることになりました。

 

しかし、辞めるのが決まったのが4月中旬。

この段階では、辞めた後のことを全く考えていません。

そこでまた、起業についてネットで調べるようになりました。

そこで、『せどり』に出会った訳です。

そこでいろんな情報発信者のブログをチェックすると、

 

本せどりが一番!

中古DVDはおいしい!

初心者は商品種類の少ないゲームがいい!

 

人によって書いてあることが違いました。

結局何がいいんだろ。

一回自分でやってみるか。片っ端からやってみることにしました。

6月いっぱいで退社するんならそれまでにある程度仕入ができるようになろう。

会社帰りや週末は本・ゲーム・CDの仕入でブックオフに行きました。

確かに少ないながら、商品を見つけることができました。

でも全然少ない。一日の仕入金額は1000円も行きません。

こんなんで今後暮らして行けるの?

よくよく情報発信者のブログを見ると、

 

”ビームで前頭検査するべき”という触れこみ、

”これが恥ずかしくてできないならせどりなんて辞めた方がいい”と書いてありました。

 

やるしかない。その思いでビームも購入しました。

しかし、結局店員・客の目が怖く、使うことはできませんでした。

 

”自分にはせどりは向いてないんじゃないか?”

 

そんなことも考えました。

それでもほかの人のブログを読みあさり自分に合う方法はないか模索し続けました。

そしてホームセンター、家電量販店の店舗から仕入れる方法を発見しました。

これなら種類も少ないし、嫌いなビームも使わずにスマホのせどろいどだけで検索できそう。

しかし、早くも壁に当たりました。皆さんご存知かと思いますが、

地方のホームセンター・家電量販店は、商品数が少なく、

また客数が少ないので商品の回転が都会と比較したら圧倒的に少ない。

ありとあらゆる商品カテゴリを調べに調べましたが、

ほとんど見つけることはできませんでした。

 

”ブログに書いてあることはホントかもしれないが、

これは都会の店舗だからできることなんじゃないか?”

 

地方では店舗は無理。電脳せどりしかない。こう確信したのです。

ちなみにこの6月の時点では、ぽつぽつ仕入れた在庫が部屋に放置されているだけで、

まだアマゾンで販売を開始していない状態です。

 

6月30日に退職の花束をもらい、いよいよニート生活の始まりです。

アマゾンせどりのスタートです。

 

3.せどり開始

 

いよいよ7月に入ります。

気分はスッキリしていましたが、収入が絶たれることへの恐怖が半端ではなかったことを覚えています。

でも不思議とせどりで食っていけるような気がしていました。

 

”あれだけ情報発信している人がいるんだから、自分にもできるはずだ。”

 

そんな思いがありました。

まずは電脳せどりのやり方がそもそも分からなかったので、

電脳せどりのセミナーを受けることにしました。

それは中古中心のヤフオク仕入れの合宿でした。

仕入れのやり方などは細かく教えてもらったので、

それから家に帰ってヤフオクで検索の日々。

 

少しずつですが、仕入れもできるようになってきました。

そんな中ついに問題が発生したのです。

それは、ヤフオクで落札した蛍光灯の箱と中身が違っていたのです。

よく見たら商品説明には書いてありましたが、

全然見てませんでした。全ては自分の責任でした。

売った個数は22個。次々に来るクレーム。

結果3件の悪い評価を頂きました。

アマゾンからは忠告のメール。

ゾっとしました。

 

”ヤフオク怖い”

 

このとき思い知ったのです。

確かに商品説明を十分見ていない自分も悪いのですが、

 

”どんな人が出品しているかわからないものをアマゾンで売ることに恐怖を覚えた”のです。

 

中古だからダメだったのかな。

そして、新品に絞って落札していきました。

そして届いたのは新品として出品されていたホームページビルダー18。

しかし、明らかに箱の裏には開けた跡があります。しかもタバコくさい。

またあるときは、キャノンのプリンターヘッドを落札したら、中国人から届きました。

ドキッ まさかと思いましたが、予感は的中。

ネットで検索したら、ニセモノとわかりました。

正規品のシールが付いていなかったのです。

 

ニセモノを販売したらアマゾンでは一発アウトの可能性があります。

このような出来事が頻発したため、ヤフオク仕入れに大きな疑問を感じるようになり、

”送料や手数料、出品者とやりとりする時間等も考えたら、効率悪くないか?”

こう考えるようになりました。

ちなみに7月の売上は53万円ほど、利益8万円程度の結果となりました。

2015年7月実績

 

7月後半より、ヤフオク以外からの仕入先から仕入れる方法を模索し、

ネットショップから仕入れるコンサルを受けたのです。

その結果、8月は仕入になかなか苦労しましたが、

それでも仕入だけで100万超え、月商は119万で着地しました。

利益は15万円で着地しました。

2015年8月実績

 

少しずつ仕入れの感覚をつかめてきました。

 

ヤフオクも並行してやろうか?

中古も並行してやろうか?

 

様々な考えが頭によぎります。

結局手は出しませんでしたが、それが結果的に良かったようです。

 

そんな毎日を過ごしながら、9月に突入します。

9月は棚卸の時期ということもあり、

9月だけで、250万程度の仕入と十分に仕入することができました。

8月までは1日中検索しても仕入ができない日々もありましたが、

9月中旬くらいにはある程度商品知識も付き、1日の仕入時間も短くなりました。

 

”これ一本で食えるかもしれない”

 

そんな思いが湧いてきたのもこの頃です。

そのまま10月に入ります。

10月も順調に仕入れができました。

10月の月商は228万円、利益37万円。

ついに月商200万超えにまで至りました。

無題5

4か月でここまできました。

 

そんな順調な日々を過ごしていたある日、

柱にしていた仕入先より、注文キャンセルの電話がかかってきました。

それからは一切そのショップから仕入れることができなくなりました。

かなりの仕入れをそこのショップから仕入れていたため、

今後の仕入れに強い不安を感じました。

 

”ネットショップ仕入れって今後もずっと継続できるの?”

 

これが率直な感想でした。

 

結局3日間、考えて出た結論が、

 

”商社から仕入れる”

 

でした。

これなら誰からも怒られることなく、正々堂々と商売できるな。

まずは、勢い余って11月に法人化。

いろいろ準備に手間取り、

結局10月から11月までは、

ほとんど仕入れもできませんでした。

11月は売上100万くらいまで落ちます。

12月よりようやく商社から仕入開始。

商社から商品情報が入ってくるので、仕入は簡単です。

でも、利益率は買う時点で10%切っており、

時々20%を超える商品も卸してくれましたが、

最終的には、利益率が5%以下、また赤字に転落するものも結構ありました。

そこから学んだことは、

 

メーカー、商社の考えです。

 

まず、家電メーカーの考えですが、

● 商品の価格を下げたくないから、アマゾンで販売している業者には売りたくない。

● つまり、アマゾン販売者を顧客としている商社には、主力商品は卸さない。

● 季節外れの商品で、値崩れが起きてもいいような商品を商社に売る。

 

商社の考え

● メーカーはいい商品を卸してくれないので、季節外商品などを主に扱う。

● それだけだとさすがに買ってくれる人も少ないので、輸入商品も取り扱う。

● たまにいい利益が出る商品が入ったら、あまり儲からない季節外商品とセットで売る。

 

こんな感じです。

 

”商社は儲かる商品も売ってくれるが、儲からない商品も付き合いで買わされるので、結局はあまり儲からない!”

 

こういうことがわかり、

 

利益率・資金繰り・資金効率のいずれをとっても

せどりの方が良いということを肌で感じました。

 

また、商社と付き合ううちに、

 

メーカー・卸売り・小売り店のいずれも

余剰在庫は吐き出したいんだなという思いに気づきました。

 

それからは、

せどりの比率を大幅に高めることを決断します。

しかし、一番頼りにしていた大手ネットショップから仕入れが

できなくなってしまった状態なので、

一から仕入れ先を探さなければいけません。

すぐには結果に結びつかなかったため、

12月も119万の売上でした。

1月に入り初心に戻り、

ネットショップの開拓を頑張りました。

ネットショップを開拓していて気付いたのですが、

 

”転売禁止のショップって意外と少ない”

 

ということでした。

やはり売れれば転売でも何でも関係ないと思っているショップが多いということです。

 

そのおかげもあり、

さっそく結果に結びつきます。

2016年1月の売上がこちら。

2016年1月

2016年2月の売り上げはこちら

2016年2月売上

 

せどりの良さに改めて気付かされました。

ただ、この頃は

検索量を増やせば増やすほど仕入れもできるようになりましたが、

やはり仕入れに時間がかかる。

運よく1時間くらいの検索で10万以上仕入れできることもありましたが、

これはたまたま。継続性にかけました。

ずーっと今のままでいいのかなって考え続けてました。

仕入れを安定させるためには、

何をすればいいんだろう。

そこでいろいろ考えていましたが、

 

今まではアウトレット品の仕入れがメインでしたが、

それ以外に

 

”廃盤仕入れ”

”アマゾン刈り取り”

 

も自分なりの方法で開発。

このあたりから、

仕入れをバランスよくしたことで、

仕入にかかる時間を大幅に減らせました。

自分が取り組んだ仕入手法は、

 

① アウトレット仕入れ

② セール仕入れ

③ 継続して購入できる商品の仕入れ

④ 廃盤商品の仕入れ

⑤ アマゾン刈り取り

 

です。

それまでの仕入れが、

① アウトレット仕入れ

② セール仕入れ

の2つだけでしたので、仕入れが安定しませんでしたが、

5つの仕入れが出来るようになってからは、

かなり安定して仕入れできるようになりました。

 

そこまできてようやく、

ネットショップ仕入れに自信が持てるようになりました。

しかも1日の仕入れ時間は、

週3日、1日当たりの3~4時間程度にまで圧縮することができるようになりました。

ここまで来てようやく痛感したのです。

ネットショップ仕入れは、

アウトレットやセールにのみ頼っていては、仕入れを安定させることはできないんだということを。

 

そのことに気付いて以降、将来の仕入れに対する不安は消えました。

ようやく自分の仕入れ論を確立できたのです。

 

2016年3月売上は、こちら。

3gatuzisseki

 

 

ようやく仕入に対する不安が消え、結果も出てきました。

ネットショップ仕入れの奥深さを実感します。

この仕入論を確立できてから、これを他の人にも広めたいと思い、

4月から、仕入れコンサルを開始しました。

 

4月以降は電脳せどりとコンサルの両立で、頑張っています。

 

そして、都度いろんな情報を発信していきますので、

よろしくお願いします。

 

 

せどりの世界はめまぐるしく動いています。

1年後に今までの手法が使えるとは限りません。

なので、自分はあくまでも電脳せどりのプレーヤーであり続けたいと思います。

 

電脳せどりは専業でも副業でも使える素晴らしい手法だと思います。

そんな電脳せどりの世界に一歩踏み込んでみてはいかがでしょか?

 

 

問い合わせ

 

ブログ更新情報をLINE@で発信しますので、

継続してブログをチェックしたいという方は登録お願いします。

友だち追加数

 

worldheritage955_1_20120314184612