月商を上げようとすると利益率が下がる訳


きーすけです。

久しぶりにブログ更新しました。

本日の発送分です。

140サイズ16箱です。

年末なのでいつもより発送は多いですね。

 

楽天セールのおかげで店内全品ポイント10倍の

店舗での仕入れなどはいつもより多めに仕入れをしています。

 

では今日のテーマです。

”月商を上げようとすると利益率が下がる訳”

です。

 

アマゾン販売をしていると

だんだんと分かってくると思いますが、

月商を上げようとすると

利益率が下がってしまうということです。

 

自分も利益率は公開していますが、

15%を超えていたのは初めの頃だけです。

エレコム訳あり楽天市場店などで、

数量限定品を買い占めていた頃の利益率です^^

その後は10%~15%を行ったり来たりしています。

 

今では売り上げが1000万円前後ですが、

そのくらいの利益率ですよね。

 

売上を上げていこうとすると、

どうしてもランキングが高く、

売れている商品を扱っていく必要があって、

売れている商品というのは、

利益率が低い傾向にあるからなんです。

 

なぜ、利益率が低いのか?

それは売れる商品ほど、

薄利でもよいと考えている出品者が多いからです。

出品者の中には、

利益率15%以上は欲しいと思っている出品者もいれば、

10%でもよいと考えている出品者もいる訳ですね。

 

そして、そんな薄利多売でもよいと考えている

出品者が1人でもいると、

相場は崩れて10%が基準になるということですね。

 

ちなみにですが、

自分も利益率の高い商品だけを扱っていれば、

利益率20%越えも可能です。

 

中にはメーカー仕入れしている商品で

利益率30%越えているようなものもいくつかあります。

しかし、そんな商品だけを扱っていれば、

当然ながら売上をそんなに上げることができないです。

1日にいくつも売れるような商品ではないからです。

 

なので自分の場合は、

月商100万円、利益率20%は達成できますが、

月商1000万円、利益率20%は難しいんです。

 

みなさんも当然ながら利益率は

高い方が良いと考えているかもしれませんが、

実際専業になってどんどん売上を上げていこうとすればするほど、

利益率は下がります。

ってかこれは当たり前なんです。

 

”ランキングが高い商品ほど利益率は低い”

 

これを頭に入れておくとよいでしょう。

ちなみにですが、中国輸入や欧米輸入は

利益率が高いと思われがちですが、

ランキングが高い商品に関しては国内仕入れと結局同じです。

 

ダイソンの掃除機部品とかは、

めちゃめちゃランキングが高く売れていますが、

利幅は国内仕入れとさほど変わりません。

 

輸入であっても結局競合がいますので、

ランキングが高い商品は薄利だと考えた方が良いかと思います。

 

みなさんも一度月商と利益率について考えてみましょう。

 

では、今日は以上です。

 

 

きーすけを応援したい!

と思って頂いた方はぽちっと

押して頂けると助かります。


せどりランキング

 



 



 



 



 



 

 

 

 

ブログ更新の都度、LINEにて発信します。

LINE@は通常のLINEと違い、

こちら側から誰が登録されたかは

わからないので安心です(^^)

 

また、スマホだと下のボタンから追加できないので、

ID入力で友達追加して下さい。

ID @kisuke

友だち追加数

 

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)